体重計で、微調整をはかる

体重は、食べ過ぎももちろん、体の水分が抜けずにたまってしまっても増加する。

2~3㎏でもなんとかしようと思いがち。
それでなかなか思うようにいかずに、ストレスでまた過食したりする。

そんなときは、体重計のシンプルな機能で100g単位で測れるものが便利。


そして、まず200gずつ減らそう。
・ビールを止めてみる。
・夕食までの間食の癖を止めてみる。
・麺類を食べたら汁まで飲まない。(これで塩分と水分の取り過ぎでむくみがち)
などで、動かせそうな気がする。


2715167ad107982190de65bc144102f5_s.jpg



日々200gぐらいの微調整なら、何とかなりそうだ。
それには自分の調子のいい体重を設定して、そこに向けて毎日体重に乗る癖をつけること。
ほおっておいて、2㎏以上太ってしまうと減らすのに苦労する。

体脂肪とか色々な機能や数字の出るものは目移りするのでシンプルに100g単位まで測れる体重計に毎日乗って微調整がベターなのだと思う。
もちろん、激務で体重が減るときも然りだ。

そのときはきちんと食事を取る。
(顔も見ると、目の下のクマや頬がこけている感じが出てくる)
それでも減少するときは、他の体の症状も合わせて病気を疑った方がいい。

体重も、症状も疲れすぎて感覚が麻痺しない様に。
日々少しずつ、振り返り生活の中で微調整できるようにしよう。

まずは体重計を、持とう。



複雑な多機能のモノより、こんな感じのがオススメ
シンプル、文字が大きい、収納もしやすい

オムロン 【薄型設計】【フラット設計】【大画面表示】体重体組成計 カラダスキャン HBF-214-W ホワイト


収納イメージ
913UlhIQGoL__SL1500_.jpg


よろしかったら、ポチ!お願いします。( *^ω^)

にほんブログ村


にほんブログ村





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

最近の記事