あたためよう 下半身 靴下編

もう、11月だけど今年は寒暖の差が激しい。
朝、晩は冷えこむけれど、昼間は気温が高かめの日もまだ多い。

体がついていけずに、体調をくずしがち。
衣替えと一緒に、下半身も温めよう。

冷え取りの基本の靴下の重ね履きの
シルク&コットン を シルク&ウールに変更
(夏でも冷房のきつい場所ではウールを挟むといい。)

レギンスや、レッグウォーマーも重ね履きの中にウールに替えると冷え方が違う。
多く重ねる人もいるが、多くて4枚にしている。
一番外側の靴下は、ゴムのしめつけが強くないものがベスト。
特に足首辺りにストレッチが効いているのは、逆に締め付け過ぎて冷えてしまう。

重ね履き靴下の基本のお勧めは「しるくふぁみりぃ」さん。
コストパフォーマンスでいっても、重ね履きのしめつけ加減でもこちらが優秀。

一番外側になる靴下は、少しお洒落な感じの色にしたいので一般の靴下にしてみる。
(重ね履き専門店も最近品揃えが増えてはいるが、色が地味目だ。)
天然素材ではないものでもよしとする。
ただ、締め付けがあるのは絶対ダメ。

市販のお店で「足首でくしゅくしゅさせる」シリーズがあればそれがちょうどいい。
ウール混のだと温かだ。履くとくしゅくしゅしないが、ゆるく広めに作っているので締め付けない。
3足組とかなら、流行の色を選べる。


少々、困る点がある。
靴下2枚(たとえば、シルク5本指ともう一枚)ならいつもの靴でもOKだが、4枚重ねるといつもの靴は履けなくなる。重ねる靴下にもよるが、23.5㎝であれば、24.5~25.0㎝ぐらいまでサイズがあがる。
紐靴なら、紐の部分で調整できるので少し大き目にしてみるなど、自分の重ね履きに合った工夫も必要。

場所や日によって、臨機応変でよいと思う。

ただ、温めることによって女性特有の不定愁訴は人にもよるが改善される。
ゆたんぽやカイロを使って、しっかり温めると心もゆるむ感じがする。
ぜひ、多少の不自由(靴問題とか、靴下多いとか)もあるが試して欲しい。


本日は、靴下のことまで。

3d2614dee1aeaf41d463ace095aa53bb_s.jpg


よろしかったら、ポチ!お願いします。( *^ω^)

にほんブログ村


にほんブログ村






この記事へのコメント

最近の記事