まさに、ゆる粕生活

ゆる粕生活の「ゆる粕」って何?
「ゆる粕」は酒粕を水で溶いて、ゆるゆるトロトロにした形の調味料。


dbc6fe478041132994968857213d7588_s.jpg
思い起こせば今年の2月ぐらいに、腸のアレルギーなるものを起こしたことから始まる。
胃が痛むので病院で診てもらって胃薬を貰うけど全然よくならない。
痛みは背中にも回るし、一定の時間に痛くて何も出来ない状態。

別の病院で検査してもらって、やっと腸の方のアレルギーと判明。
その診たてで治療を開始してもらって、やっと順調に治っていった。

その後、腸にいいことをしないとと思っているときにこの本に出会う。




酒粕、って「甘酒」「粕汁」のイメージしかなかった。
甘酒は昔からすごく苦手で飲めなかったし、粕汁も悪くはないけど一度食べたらもういいかなって感じ。
(´‐ω‐`)

だけど、この本を読んでいて実に私には魅力的だった点は「酒粕」の効用。

「冷え」に効く。ポカポカで温かさが持続する。
コレステロール値が低下
腸内環境を整えるチカラ
脂質と糖質の吸収を抑制(ダイエットの味方)
肝臓強化や血圧降下
美顔効果、不眠、ストレス、免疫力に

私に必要なモノかも。
そして、最大の難関「三日も続けられないことが多い」私に出来るかという問題点もあった。

酒粕と水を混ぜるだけ

と言う手軽さにも惹かれて本をお持ち帰り。

早速いつも行くスーパーで酒粕購入。
20151220005711832.jpg
これは日持ちするけど、クール便発送になると思うので高くつくから近所で買いましょう。

なぜコレかと言うと3種類ぐらいしかなくて、総量が200gの方が100g目安で作るときにだいたい目分量で半分にすればいいと言うおおざっぱな理由。でも、コレいいです。w

【材料】酒粕100g、水120~150ml
手でほぐして、分量の水をかけます。こんな感じ。
20151220005719816.jpg
30分ほど放置します。すぐでもいいですがこちらの方がふやけて混ぜやすいです。

混ぜるときは小ぶりの泡立て器かフォークで、と本にありますが私は小さいすりこぎ棒を使用。手早くつぶせます。
20151220005725034.jpg
そして保存容器へ。蓋の出来る密閉容器で口の広いものがオススメ。
ちなみに私は「ジャーサラダ」の頃はりきって購入後日の目を見なかったこちらを使用。(T▽T)
1450541149212.jpg
マスキングテープとかで日付を書いておくと便利。
冷蔵保存で2週間を目安に使いきります。

これをまずは何にでも大さじ一杯まぜる「ちょい足し」方法が一番簡単。
おうどんや、味噌汁にいれるとポカポカします。

後は、ドリンクやレシピ、ひと手間加えてのゆる粕調味料と応用が出来そうな「ゆる粕レシピ」が掲載されています。そういえば著者の栗山さんは、最近「腸活」関係の雑誌の記事に登場されたりしています。
この本を読んでから、人生の中で酒粕摂取量がほぼなかった私が、現在ではほぼ毎日摂取してます。w

ずぼらなんですが、これは続いてます。簡単なんですよね。
簡単粕漬けとかも出来るし、注目されてる発酵商品が手軽に取れます。

ご興味がありましたら、くわしくはコチラを。
ココなら、送料無料です。
 ゆる粕レシピ 「酒粕」で病気知らずになる/栗山真由美【後払いOK】【1000円以上送料無料】

では、ゆるゆる休日の残りを過ごします。_ノ乙(、ン、)_


よろしければポチっとお願いします。(=゚ω゚)ノ
★ライフスタイルブログ

にほんブログ村

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

最近の記事