ちょっとしょんぼりしています(´‐ω‐`)

寒さがきつくなりましたね。
東京でも雪が降って大混乱になったり。
体調には気をつけないといけません。


さて、ここ連日、SMAPのことでマスコミは大騒ぎ。
そして色々な人が驚きを隠せず、その騒動を見守っています。

「芸能界」という独特な世界の仁義とかよくわからないことが言われる中、月曜日に番組でメンバーがコメントを出す異例の事態になりました。あまり関心のない人はよく見ずに「解散まぬがれてよかったね」とコメントも。
それは、悪いことではありません。確かにその一面もあるかと思います。

ただ、私もSMAP担当とかではないのですが、気になったので会見は見ました。

正直なところ、ただただ、ショックでした。
本当に、胸が痛いです。

私も某ジャニーズ所属さんのファンです。
そして、それ以外にもライブに行くファンのバンドさんもいます。



現在はね。
そんなに景気のよい世の中ではありません。
若いコ達は、なかなか正社員になれなかったり。
業績が悪くなってリストラもアチコチで起こっています。

皆、不安を抱えながら、生活や仕事の中でプレッシャーや人間関係で辛いことに耐えながら踏ん張っている人が多くいます。
そんな中で、ひととき自分に力を与えてくれる存在。
それが自分が「ファン」である対象の存在です。

時間的、金銭的に無理でも、なんとかそれを捻出して会いに行く。
自分が好きになった人達は、必ずそれに応えてくれて楽しい時間を与えてくれる。
それが、次の日からの生きる力になるんです。

だから、お金を出しても惜しくない。
会いに行くまでが大変でも、そんなことは吹っ飛ぶ。
それは自分が好きでやっていることだから。
それが、「ファン」の対象である人をも支えることが出来ればいい。
そんな想いで、ライブとかに足を運びます。


それなのに。
その自分の心に元気を与えてくれる人達のあんな姿を見たら。


「ファン」は、親族でもないし、たぶん恋人とか特別な人になれることはほぼありません。
その対象の人が、表舞台から消えてしまうとその人との繋がりは絶たれてしまう。
なのでときに残酷に、その人を求めるときがあります。

でも、会いに行ってその人達の辛い思いが透けて見えてしまうのなら。
それでも、その立場を強要していいものかと悩みます。

ときに滑稽にまで思えるかも知れないその「ファン」の心が、芸能界の事務所を経済的にも支えているのではないのでしょうか。

そして時代は何十年も前とはまた違っています。
「ファン」の在り方や、情報収集の環境も違う。

創業者社長と言うのは、そのずば抜けたセンスを持って一代で利益を上げた人が多い。
そのため、後にはだんだんと独裁者になりやすい。
利益が上がらなければ、会社として成り立たないのでただのお人よしではダメです。
ただ、今の時代、その企業姿勢に「エコ」を含め、一緒に時代を生きる自分達に利益をもたらしてくれる人への「愛」が感じられないと、企業は衰退していってしまうと思います。

SMAPのコアなファンではありませんが。
それでなくても現在すごくショックです。
彼らはアイドルで
当り前に私達の側にいて、ずっと笑いや夢をくれる存在。
なのに、あんな姿でテレビの前に出てきたことが。


おそらくでモノを言っては、その辺の三流マスコミと一緒で申し訳ないのですが。
会社からの指示でやらされていることなんでしょう。
その経営者の感性に、心から嫌悪感を抱きます。


自分達が「誰に何を売って今の生活をしているのか」わかっているんですか、と問いたい。


「世論」がときに、暴力になり人を追いやって傷つけることも多い時代です。
でも、それだけのよくも悪くも「力」がある。
諦めずに「世論」を動かすのが、ファンの、そして今回納得のいかない恐ろしさを感じた人達のやることかな、とも思いました。

それぐらい、憔悴しきったメンバーの姿を見たときショックだったのです。

忙しいスケジュールをこなすメンバー達に、十分な説明や話し合いがなされたとは思えません。

なのに、連日の報道合戦。
読み手や、視聴者を馬鹿にしてると思います。

そして、筋書に本当にセンスが、ない。

「アイドル」の常識や在り方を変えて来た彼らの今回の事態が。
今後の人達の在り方をも変える力になることを願ってやみません。

それを望むのは「酷」であるとも思いますが。

そんなことを、つらつら思って。
哀しくなりました。

ちょっと本日は、ただのひとりごと、でした。


おやすみ、なさい。


(´・ω・`)そんな夜も、あるよね・・・。

にほんブログ村

にほんブログ村





この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432808606

この記事へのトラックバック

最近の記事